2014年09月02日

夏の疲れを感じている方に〜ダンディライオンダイナモオイル

9月に入り、気温も涼しくなり過ごしやすくなってきました。
この時期は季節の変わり目でもあり、夏の疲れが身体にも出てくる頃です。
夏の終わりから秋にかけてのケアでおすすめなのが、フラワーエッセンス配合のダンディライオンダイナモオイルです。

●ダンディライオンダイナモ

i_dandelion.jpg


このオイルを今のタイミングでおすすめする理由。
それは、この時期に不調になりやすい肝臓のケアに最適だからです。

肝臓は、腹部の右上・横隔膜の下辺りにあり、栄養素の代謝や解毒の働きをする臓器です。

疲れが取れない、目覚めが悪い、食事を摂ってもすぐもたれる感じがする、食事の後眠くて仕事にならないなど、なんとなく・・・の不調は、これまでに溜め込んでしまった肝臓の疲れが影響しているからかも知れません。その不調が出てきやすい季節が晩夏〜秋と言われています。

このオイルに含まれているひまし油(別名:キャスターオイル・パルマクリスティオイル)は肝臓の働きをよくし、新陳代謝を促進することでよく知られています。

使い方はボディオイルとして全身に塗布したり、肝臓の集中ケアとして使う時には、右脇腹の背面・前面をこのオイルで温湿布すると身体が軽くなるのがお分かりになると思います。

その他、やることが多すぎて心も身体も緊張しがちな方、慢性頭痛、首や肩のコリ・痛みのケアとしてもおすすめのオイルです。

ダンディライオンダイナモに含まれているフラワーエッセンス
ダンディライオンは、ストレスやオーバーワークで身体が緊張して堅くなるタイプの人のエネルギーを流れるようして、その人の中で適度なリラックス感を保つことができるように助けます。タンジーは、計画したことやるべきことを途中で投げ出さないで最後までやりぬく力を与えます。ジニアは、心に子どものような遊び心とユーモアを与えます。

含まれているエッセンシャルオイル
ローズマリージュニパー〜血液循環・リンパ系・腎臓機能を高め、解毒・デトックスを促します。全体的に「流れ」をスムーズにし、エネルギーの滞っている部分に光を与え解放します。

ユーザーの声:

Yさん(東京都在住、40代女性)

慢性的な肩こりで、頑張り屋でなんでも背負い込みオーバーワーク気味の大学生の娘に、オイルを塗り、首と肩にさするようにマッサージを施しました。しばらくすると肩が少し柔らかくなりました。
翌朝触ると、柔らかい感じが持続していたので、オイルの効果を感じました。









posted by afeejapan at 16:41| お勧め商品